通信制高校の学費はどれぐらいかかるのか

通信制高校の入学金や授業料、そのほかの費用について

通信制高校の入学金や授業料、そのほかの費用について私立の入学金を見てみると、入学金の額は0円から20万円と非常に幅が広い支援金制度を利用できる可能性もあります

通信制高校へ入学したい、転入したいと考えたときに、入学金や授業料、そのほかの費用についてどれくらい必要になるのだろうかと心配になる人も多いものです。
学校を学費だけで選ぶわけではありませんが、費用について気になるのは当たり前のことです。
一言で通信制高校といっても、通常の高校と同じように公立と私立の高校が存在しているので、授業料や入学金などを比較することも重要です。
まず公立の場合ですが、公立はそれぞれの都道府県が運営しています。
これにより都道府県によって学費も異なることになります。
基本的には入学する際に納める入学金と授業料、そして諸費用の三つにわかれます。
通信制の場合には、受講する単位ごとにお金を支払う仕組みとなっているため、授業料と呼ぶのではなく、受講料と呼んでいるところもみられます。
公立の入学金としては、0円のところから500円が一般的となっています。
受講料は1単位330円のところから700円のところまで見られます。
最低3年間で74単位を取得することが卒業の条件になっていて、授業料は1単位当たりで計算することになるでしょう。
1単位336円の高校に入学し、1年目に25単位を受講した場合には、8400円が必要になる計算です。
また受講料とは別に必要な費用がいくつかあり、東京都を例に挙げると、日本スポーツ振興センター共済掛金が年額で165円となっています。
そのほかに科目によって異なりますが、実習に必要な教材費、また通信教育であるためレポートをおくるための郵送費も必要です。

通信制高校は7/1から転入になりました。

よかった。

とっとと籍を移したかったし、欠席日数も6月でカウント終了。


学費もお支払いし、完全に通信制高校の生徒になりました!

楽しめますように!!

— 🕊️すわん🕊️ (@iXsQNfzypuYrMeB) 2019年7月23日